ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART743

マルチメディア推進フォーラム PART743「LPWAの実像(その2)~モバイルオペレータの戦略」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2017年10月19日(木) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,950円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

●IoTにおけるLPWA (Low Power Wide Area)方式の意義、可能性
●SIGFOX:各国1キャリア限定で広域網提供するサービス展開
●LoRa:アンライセンスバンド利用での個別網サービスの自由な展開
●NB-IoT:既存モバイルキャリアによるライセンスバンドでの展開
●各LPWA方式の技術仕様、相互接続性・相互運用性の確保、信頼性
●アンライセンスバンド利用で懸念される電波干渉の対策、棲み分け
●実証実験から見えてくるLPWAの真の実力
(カバレッジ、通信速度、電波干渉問題、消費電力、相互接続性、等)
●商用サービスの動向(提供サービス、料金、運用方法、等)

LPWA (Low Power Wide Area)は、IoT時代において、広域に点在するセンサー等から低コスト、省電力、かつ効率的に情報収集する無線ネットワークシステムとして注目されています。ライセンス不要の共用周波数帯を利用して、LoRa, SIGFOXをはじめとするLPWAの商用サービスが世界各地で展開されています。日本でも、2019年3月、総務省・情報通信審議会が、920MHz帯小電力無線システムの技術基準の見直しに関する一部答申を取りまとめています。一方、ライセンスバンド利用のLPWAに関しても、3GPPにおいてNB-IoTが標準化され、実証実験の実施や商用サービスへの準備が進んでいます。

本格的IoT時代を迎え、LPWAは期待先行の側面もあり、広範な商用利用には、実フィールドでの性能、電波干渉問題、相互接続性、エコシステム、提供サービス(カバレッジ、通信速度、料金、デバイス管理法、等)、運用など、その実力の多角的な見極めが必要となります。本フォーラムでは、特に、LPWAの実証実験、商用展開を精力的に進める各社から、具体的に取組んでいるLPWAシステムに関し、特徴、方式選択の理由、サービス提供計画、サービス利用上のポイント、などを2回に分けてご紹介いただき、皆様とともに、LPWAの真の実力と可能性を議論してまいります。第2回目は、モバイルオペレータの戦略の特集です。

(座長-総合司会)
上智大学 理工学部 客員教授 服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)
「LPWAの魅力と可能性」
●IoTにおけるLPWAの意義と魅力
●主要なLPWA無線システムと技術的特徴
●アンライセンスバンド、ライセンスバンド利用の利害得失
●モバイルオペレータのLPWAサービス展開の課題と今後の展望

上智大学 理工学部 客員教授
服 部   武 氏
「NTTドコモにおけるLPWAの取組み」
●IoTによる社会のスマート化
●IoT拡大に向けたドコモの取り組みと貢献
●IoTネットワークの進化
●LPWA(LoRa, セルラーIoT)ユースケース
●LPWA商用サービスへの展望
●5Gに向けた取り組み

㈱NTTドコモ
法人ビジネス本部 IoTビジネス部 担当部長
髙 橋 和 彦 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「KDDIにおけるLPWAの取組み」
●これまでのIoT取り組みとIoTビジネス全体像
●IoTサービスにおけるLPWAの位置づけ
●LPWA方式と利用シーン
●LPWAの技術要素
●LPWA関連実証実験の取り組み状況
●商用サービスへの展望

KDDI㈱ ソリューション事業本部 ビジネスIoT推進本部
ビジネスIoT企画部 サービス企画1G グループリーダー
野 口 一 宙 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「ソフトバンクにおけるLPWAの取組み」
●ソフトバンクのIoTビジョン
●IoTサービスにおけるLPWAの位置づけと方式選択の背景
●LPWA(LoRa, NB-IoT)への取組み
●電波干渉問題、システム運用上の工夫
●LPWAの相互接続性・エコシステム、信頼性、セキュリティ
●商用サービスへの展望(サービスメニュー、カバレッジ、料金、等)

ソフトバンク㈱
IoT事業戦略推進本部 本部長
丹 波 廣 寅 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    「自動車における5G応用とV2X」
  • [予定]

    「高齢化社会の到来に対して、ICTは如何に貢献できるか?」
一覧へ 一覧へ