ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART756

マルチメディア推進フォーラム PART756「モバイルフロントホールを巡る革新的技術の方向性」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2018年3月29日(木) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,890円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

●5Gに向けたモバイルフロントホールの要件
  ―サービス収容に向けた要求機能、性能
  ―RANの機能分割とインタフェース
  ―ネットワークアーキテクチャ
  ―モバイルフロントホール向け候補技術の概要
●WDM/TDM-PON
  ―光アクセスネットワークへのPONの適用
  ―適用技術と将来性
●RoF (光ファイバ無線)の標準化動向と技術革新
  ―ITU-T SG15での標準化動向
  ―アナログRoF、デジタルRoF
  ―デジタルコヒーレントの適用

モバイルネットワークの基地局は、デジタル信号処理を担う親局から無線送受信を担う子局を張り出す構成となっている。子局を小型化して設置を容易にし、親局に機能を集約して高性能化ができるというメリットがあるが、大容量化に伴い、非常に大きな伝送容量が必要であると言う課題がある。

特に基地局側に近づくほど、大容量、低遅延が求められ、オープン化の観点からも基地局の機能分割を見直し、一部を子局側に搭載する方式が議論されている。

この領域に適用されてきたCPRIがEthernet化されたeCPRI、セルサイズやキャリア周波数に依存しない無線アクセス方式としての光ファイバ無線(RoF:Radio Over Fiver)を始めとして、最近になってデジタルコヒーレント光通信技術の特性を生かしたデジタルRoFが注目されている。

また、アクセス光化によるメリットとしてWDM/TDM-PONにより広帯域化をはかる技術がある。 さらに、先に行われたIT-U SG15では中国を中心にFlex Ethernet(FlexE)をこのモバイルフロントホールに適用する動向が出て来ている。

本セミナーでは、5Gに向けてますます大容量化、低遅延化が要求されるモバイルフロントホールへの革新的技術として、RoF、WDM/TDM-PON、FlexE、eCPRI等の標準化動向と特長を概観し、モバイルフロントホール、その他への適用可能性を探ることにする。

●WDM/TDM-PON
FTTHに適用されているPON技術をモバイルフロントホールに適用することで、1波長あたりのセル数が増大するほど効率的な運用が可能となるため、WDM/TDM-PONが候補技術として上げられている。
WDM/TDM-PONの技術、将来のモバイル適用に向けた仮想化技術(Virtual-PON)及び更なる大容量化技術の課題について解説する。

●RoF (光ファイバ無線)の標準化動向と技術革新
RoFは、Radio on Fiber、またはRadio over Fiberの略で、無線信号を光ファイバの広帯域特性を利用して長距離伝送するものである。アナログRoFとデジタルRoFがあり、ITU-T SG15 Suppl.55で標準化が進められている。
最近になって、RoFにデジタルコヒーレント光通信技術を適用し、研究開発が活発になってきた。

本セミナーでは、RoG技術の標準化の状況と方式、課題への取り組み、および今後の技術動向について解説する。

(座長-総合司会)
東京大学  名誉教授  齊 藤 忠 夫

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)
「5Gに向けたモバイルフロントホールをめぐる技術革新」
●5Gがもたらすネットワークの変革と期待
●モバイルフロントホール構築における課題認識の共有

東京大学 名誉教授
齊 藤  忠 夫 氏
「5Gに向けたモバイルフロントホールの要件」
●サービス収容に向けた要求機能、性能
●RANの機能分割とインタフェース
●ネットワークアーキテクチャ
●モバイルフロントホール向け候補技術の概要

NTTアクセスサービスシステム研究所
主任研究員
太 田  憲 行 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「WDM/TDM-PON」
●光アクセスネットワークへのPONの適用
●適用技術と将来性

沖電気工業株式会社
情報・技術本部 研究開発センタ ネットワーク・端末技術研究開発部
チームマネージャ
鹿 嶋  正 幸 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「RoF(光ファイバ無線)の標準化動向と技術革新」
●ITU-T SG15での標準化動向
●アナログRoF、デジタルRoF
●デジタルコヒーレントの適用

NICT
ネットワークシステム研究所ネットワーク基盤研究室
研究マネージャー
久 利  敏 明 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    「OTTとキャリアの新しい関係」
一覧へ 一覧へ