ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART772

マルチメディア推進フォーラム PART772「データセンタービジネスの最前線」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2018年9月21日(金) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,970円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

●日本のデータセンターの現状について
 -日本データセンター協会による分析
 -国際競争力向上に向けた取り組み
●データセンターのグローバル基準
 -データセンタービジネスの最新事情
 -海外展開について
 -導入事例
●国内におけるデータセンターの展開
 -NTTコミュニケーションズの考えるデータセンター
 -データセンターの展開
 -新しい取り組みの紹介(DC間ネットワーク、Innovation Lab、等)
 -北海道地震でのDC48時間

メインフレームがダウンサイジングにより小型コンピュータに置き換わり、さらに一人一台PCを保有する時代になり、管理コストが増大する中、クラウドが登場した。クラウドの登場により、システム資源を「所要」から「使用」出来るようになり、必要な時に必要なだけ資源を調達できるようになる効果は大きい。
クラウド事業者は、サーバ機器を大量に調達するため、ユーザは常に新しいものを安価に使うことが出来、またBCP、バックアップ、および働き方改革の面でも、どこでも仕事が出来、導入メリットは計り知れない。

このように、今ではクラウド環境は欠かせない存在になってきたが、顧客情報や個人情報をクラウド環境に置くにあたっては、データの所在も不明であり、自社内でサーバを構築、運営するオンプレミスと比較して、セキュリティにおいて不安が残る。 これからの情報システムはクラウドを第一候補に考える「クラウド・バイ・デフォルト」を提唱しつつ、セキュリティを重視する場合に使用するパブリッククラウドを使い分けるハイブリッドクラウドの方向にある。

また昨今の状況を見ると、企業間のトラフィックが爆発的に増大する中で、相互接続の重要性がますます高まっている。クラウドを構築するためのデータセンターについては、単一のデータセンターで処理が完結するサービス形態から、複数のデータセンターが連携してサービス提供する形態に発展している。世界最大級のコロケーション事業者であるエクイニクスでは、各クラウドベンダとのサービス接続を可能とすることでマルチクラウド環境を実現し、大きくシェアを延ばしている。エコシステムを構成する信頼性の高い、強固な相互接続のあり方について、トップベンダの戦略、今後の取り組みについて解説する。

一方国内に目を向けると、日本は治安がよく、電力供給、通信インフラも安定しているため、データセンターを設置するメリットがある。但し、海外との接続のための通信インフラ、運用管理者のスキル等にまだ課題がある。日本において、グローバルプラットフォーマーを育成するにはどうしたらよいか、日本データセンター協会から、日本におけるデータセンターの現状と課題についてひも解く。

そうした中でNTTコミュニケーションズは、日本企業を代表して世界20以上の国・地域で多数のデータセンタービジネスを展開している。データセンター構築・運営を行う第一人者より、運用経験にもとづき、システムを柔軟、迅速に構築してベストプラクティスを実現する成長への取り組み、戦略、および新しい取り組みについて説明する。

小規模事業者がクラウド上のサービスをいち早く活用して、人工知能や、ビッグデータ解析等をスモールスタートさせるビジネスモデルが進展し、大手SIerが提供するシステム構築力を凌駕しつつある。

本フォーラムでは、データセンターの構築、運営における課題を踏まえ、セキュリティの確保と利便性の向上のためにパブリッククラウドを構成するデータセンターの在り方、活用の仕方について最新の動向を解説し、新たなビジネスチャンスに貢献したい。

(座長-総合司会)
東京大学  名誉教授  齊 藤 忠 夫

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)
「クラウド、データセンタービジネスの現状と課題、方向性」
●クラウドの歴史と日本のデータセンター
●クラウド推進に向けて

東京大学 名誉教授
齊 藤 忠 夫 氏
「GAFAの脅威と日本のデータセンターの現状について」
●日本データセンター協会による分析
●国際競争力向上向けた取り組み

日本データセンター協会(三菱総研DCS㈱)
事務局長
増 永 直 大 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「国内外におけるデータセンターの展開」
●NTTコミュニケーションの考えるデータセンターとは
●データセンターの展開
●新しい取り組みのご紹介(DC間ネットワーク、Innovation Lab、等)
●北海道地震でのDC48時間

NTTコミュニケーションズ(株)
クラウドサービス部 担当部長
本 橋 寿 哉 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「データセンターのグローバル基準」
●データセンタービジネス展開の最新事情
●海外展開について
●導入事例

エクイニクス(株)
マーケティングディレクター
山 崎  浩 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
一覧へ 一覧へ