ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART781

マルチメディア推進フォーラム PART781「自然災害のモバイルネットワークへの影響と対策

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2018年12月19日(水) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,970円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

● 災害への耐性に優れたモバイルネットワーク
● 自然災害時の様々な対策、ソリューション
● モバイルネットワークの自然災害への対応事例
● 自然災害への対応における教訓と課題
● 仮想化、クラウド化と災害対策
● 5Gにおける自然災害への対応

本年は、大阪の地震に続いて西日本を豪雨が襲い、過去最大級の台風が近畿を攻撃しその後も台風の被害が続いた。さらに、強烈な地震が北海道を襲うなど、立て続けに自然災害が日本を脅かしている。こうした中で、ライフラインとしてのモバイル通信が果たした役割は非常に大きい。一方で、多くの基地局が利用できなくなりモバイル通信も利用できなくなる状況が発生した。そこで、東日本大震災以降に災害対策として準備された大ゾーン基地局や船舶型基地局が活躍する場面もあった。自然災害はいつ、どこで発生するかがわからず、普段からの備えが必要となる。そこで、最近発生した災害のモバイルネットワークへの影響と対策についての経験を共有すると同時に、それらの経験から得られた知見として、今後の自然災害に備えてどのような対策を採ることが有効と考えられるか示唆してもらう。さらに5Gに向けて、仮想化やSDNなどの観点を含めて、どのような方策が考えられるかを議論する。

(座長-総合司会)
上智大学 理工学部 客員教授 服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)「自然災害とモバイルネットワーク」
●自然災害が通信ネットワークに与える影響と対策
●日本としてのモバイルネットワークの災害対策指針
●東日本大震災以降の災害対策とその効果
●これからのモバイルネットワークの災害対策技術

上智大学 理工学部 客員教授
服 部  武 氏
「NTTドコモにおける自然災害への対策と課題」
●ドコモネットワークの自然災害への対応
●大ゾーン基地局など自然災害への対策事例と課題
●NW信頼向上による災害対策と更なる災害対策
●5Gにおける自然災害への対応

㈱NTTドコモ 
ネットワーク本部 サービス運営部
災害対策室 室長
小 林  和 則 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「KDDIにおける自然災害への対策と課題」
●KDDIネットワークの自然災害への対応
●船舶型基地局など自然災害への対策事例と課題
●ドローン基地局の実証実験と可能性
●5Gにおける自然災害への対応

KDDI株式会社
技術統括本部 運用本部
運用管理部 特別通信対策室 室長
渕 上  英 彦 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「ソフトバンクにおける自然災害への対策と課題」
●ソフトバンクネットワークの自然災害への対応
●自然災害への対策事例と課題
●気球基地局の実証実験と可能性
●ドローンの実証実験と可能性

ソフトバンク株式会社 基盤技術研究室
ワイヤレスシステム研究開発課 課長 
太 田  喜 元 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    「デジタル・トランスフォーメーションとITサービスの動向(その1)」
  • [予定]

    「ソフトウェア化するネットワーク」
一覧へ 一覧へ