ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART790

マルチメディア推進フォーラム PART790「現実に近づく量子コンピュータがもたらす異次元の世界」
~商用マシンを使いこなして勝ち組企業へ~

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2019年4月4日(木) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料49,850円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

●量子コンピュータの種類と原理
 ・各方式の概要と特徴
 ・最新の開発状況
 ・今後の研究開発、商用化に期待すること
●量子コンピュータが得意とするアプリケーション
 ・最適化問題の解決
 ・量子アニーリングマシンが得意なアプリケーションの探索
●量子コンピュータを活用したアプリケーション適用事例
 ・商用マシンによる実証実験からみた実力
 ・各種サービスへの適用事例
 ・国内各社の取り組み

2011年にカナダのベンチャー企業であるD-Wave社より世界初の量子コンピュータ(量子アニーリングマシン)が発表され、2015年12月にはGoogleとNASAによる記者会見で「D-Wave社の量子コンピュータを2年間運用した結果、従来のコンピュータに比べて、1億倍高速である」との発表が行われた。
ムーアの法則の限界が見えてきた今日、プロセスの微細化によるCPU高速化が頭打ちになり、マルチコア化で凌いでいる。
こうした中で、量子コンピュータは、投資ポートフォリオ、ネットワークトラフィック制御、スケジューリング、交通量・輸配送ルート等の組み合わせ最適化問題の解決を中心に活用され、さらには大規模システムのバグ発見と修復、集積回路の設計、機械学習計算の高速化等にも適用範囲が広がっており、スーパーコンピュータでは数年掛かる問題が瞬時に、しかも超低消費電力で計算できる。
昨今のビックデータ解析、AI時代の隆盛を反映して、ますます高速なデータ処理と迅速な経営戦略の立案の必要性が高まっている。

量子コンピュータはまだまだ未来の技術だと思われていたが、このように「量子アニーリングマシン」としての活用が検討される状況になってきた。
日本企業も(株)デンソーが13万台のタクシー・トラックに取り付けた専用車載器から位置情報を収集し、渋滞予測とタクシー配車サービスを提供する実証実験を行った。実証実験から得られた実力、成果については、本フォーラムにて詳しく紹介する。

量子コンピュータを使ってみたいと言う企業向けに、国内外で試用できる環境が出来つつあり、レンタルも可能となっている。
量子コンピュータへの投資額も、ワールドワイドで1500 M€を超え、調査会社の分析よると量子コンピュータを使いこなす企業と使わざる企業では、企業間格差が拡大するとみている。

本フォーラムでは、量子コンピュータの種類と原理を分かりやすく説明した上で、(株)デンソーでの実証実験をはじめとして、様々な分野での適用事例を紹介する。また、量子コンピュータを使いこなすためのポイントを示し、さらに適用領域の拡大が期待される分野について議論する。

(座長-総合司会)
東京大学  名誉教授  齊 藤  忠 夫

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)「量子コンピュータが切り開く新たな可能性」
●コンピュータの歴史の中での量子コンピュータの位置付け
●今後の研究開発、商用化に期待すること

東京大学 名誉教授
齊 藤  忠 夫 氏
「量子コンピュータの種類と原理」
●各方式の概要と特徴
●最新の開発状況(ゲート型およびアニーリング型)
●NECの取り組み

日本電気株式会社
システムプラットフォーム研究所
研究部長
白 根  昌 之 氏

「量子アニーリングの研究動向とアプリケーション事例の探索」
●量子アニーリングに対する期待
●量子アニーリングの概要
●量子アニーリングマシンが得意なアプリケーション例

早稲田大学
グリーン・コンピューティング・システム研究機構
主任研究員(研究院准教授)
田 中  宗 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)


     量子コンピュータ技術の開発状況とアプリケーション適用事例
「コヒーレントイジングマシンによる組み合わせ最適化」
日本電信電話株式会社
物性科学基礎研究所
上席特別研究員
武 居  弘 樹 氏

「半導体を使用したCMOSアニーリングマシン」
日立製作所株式会社 研究開発グループ
エレクトロニクスイノベーションセンタ
主任研究員
山 岡  雅 直 氏

「デジタルアニーラが導く最適解とビジネス革新」
富士通株式会社 AIサービス事業本部
第一フロンティア事業部
事業部長代理
中 村  和 浩 氏

「量子アニーリングマシンで起こすIoT革命への挑戦」
●モビリティIoT、工場IoTでの実証実験

株式会社デンソー
先端技術研究所
担当係長
寺 部  雅 能 氏