ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART817

マルチメディア推進フォーラム PART817「5G時代のMVNO/VMNO」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2020年3月12日(木) 13時00分~17時00分
場所アイビーホール青学会館 (アクセス
〒150-0002 渋谷区渋谷4-4-25 TEL:03-3409-8181(代)
受講料53,900円 (受講者1名交替可、コーヒー・資料代・消費税等を含む)

趣旨・論点

●MVNOの現状と将来展望
●現状のMVNOの課題
●MNOとMVNOとの競争環境
●5GにおけるMVNOのあり方
●ネットワークスライシングとVMNO
●ネットワークエクスポージャとMVNO

MVNOは一定の市場を形成しているが、ユーザ数の伸びは停滞してきており、今後の展開が不明瞭になっている。さて、5Gにおいてはモバイルネットワークアーキテクチャが進化し、MVNOの在り方も変わっていく可能性がある。レイヤ2接続やフルMVNOという形態が更に進化し、例えばネットワークスライシングを利用してMVNOが移動通信事業者(MNO)から容量、速度、信頼度などを指定した上でスライスを提供してもらい、これを使って自由にサービスを提供するいわゆるVMNO(Virtual MNO)の形態が考えられる。MNOのRAN上にMVNOがコアネットワークを含む独自のスライスを自ら構築する形態も考えられる。また、ネットワークエクスポージャ機能を利用して5Gコアネットワークの持つ機能をある程度カスタマイズして利用する形態もあり得る。更に、MVNOがMNOのネットワークスライスを用いて、消費者だけではなく企業顧客にサービスを提供する可能性もある。こららの観点から、MVNOの現状と将来展望、5G時代のMVNOの位置づけ、サービス、ビジネスモデルなどについて論ずる。

(座長-総合司会)
上智大学 理工学部 客員教授 服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)「MVNOの現状と進化」
上智大学 理工学部 客員教授
服 部  武 氏
「モバイル市場の競争環境の中での5Gに向けたMVNOの進化」
●現状のモバイル市場と競争環境
●MVNO市場への期待と実態
●5Gにおける競争環境の進化
●MNOネットワークのオープン化
●5GにおけるMVNOのあり方

総務省 総合通信基盤局
電気通信事業部 料金サービス課 企画官
中 村 朋 浩 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「5G SAに向けたMVNOの進化とVMNO」
●ネットワーク仮想化とMVNOの変容
●RANシェアリングがもたらす新たな可能性
●2つのVMNOモデルが目指すビジョン
●VMNOを巡る最新の状況

株式会社インターネットイニシアティブ
MVNO事業部 担当部長
佐々木 太 志 氏

ご講演内容検討中
さくらインターネット株式会社
人 選 中

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    「実用化が近づくSDM(空間分割多重)通信」
  • [予定]

    ソフトウエア・プログラミング言語とエンジニア育成実用化が近づくSDM(空間分割多重)通信eSIMの新たな展開
  • [予定]

    『デジタルツイン』が拓く新しい世界 ソフトウエア・プログラミング言語とエンジニア育成
  • [予定]

    「MaaSビジネスの最新動向」
一覧へ 一覧へ