ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART824

マルチメディア推進フォーラム PART824【オンライン限定】
「普及期を迎えたSDNの現状と今後の技術の展望 ~Society 5.0に向けて~」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2020年7月8日(水) 13時00分~17時00分
場所オンライン限定
受講料53,020円 (参考価格・消費税込)

趣旨・論点

●SDN技術の研究開発の歴史
●SDNビジネスの導入事例とSociety 5.0に向けた展望
●SDN技術の研究開発の今後の方向性

Software-Defined Networking(SDN)はルータ、スイッチ、ファイヤーウォール等のアプライアンスのうち高度処理機能をソフトウェアで実現し、ハードウェア装置から分離することで、従来は垂直統合システムであったこれらのネットワーク装置の運用保守に柔軟性や進化をもたらすものとして期待されてきた。

近年のSDNの歴史は2008年にスタンフォード大学から発表されたOpenflowを起点とするが、2013年頃の期待のピークにあったSDNは、現在は普及期に入っていると考えられる。その兆しとして、2020年に入ってから、SDNを用いたソリューションが通信事業者や通信機器ベンダから相次いで、発表されている。

これらの発表では、Openflowが発表された2008年頃とは異なる情勢を捉えて、IoT・OTとの統合、クラウドとの接続、ローカル5Gへの適用など、企業ユーザの事業に直結するネットワークへの拡大を意識したものになっている。

また、Society 5.0に向けて、企業はIT導入によるコスト削減からIoT・ビッグデータ・AIを活用した攻めのITへ転換しようとしている。一方で、複雑化したネットワークの運用管理にはスキルの高い人材が必要であり、労働人口が減少する中で、攻めITのための人材確保が困難になっている。そこで、SDNによりネットワークの設計・構築・運用・保守・改善の各段階で企業ユーザのニーズにあったネットワークサービスを提供し、ネットワークの導入・運用コストの適正化に加えて、柔軟かつ安全なネットワークを迅速に構築・変更可能とすることで、煩雑なネットワークの構築や運用のアウトソースも可能となり、攻めのIT人材へのリソースシフトが可能となることも期待される。

さらに、SDNによるサービスが進展する一方で、Society5.0やIoT・OTとの統合、クラウドとの接続、ローカル5Gへの適用などの新しいニーズに対応するために、技術課題も顕在化していくものと考えられる。普及期を迎えたSDNの今後の技術開発と標準化の方向性を論じておくことは有意義であると考えられる。

本フォーラムでは、最近報道発表されたSDNを用いたソリューションに携わる第一人者ならびにこれからのSDNの技術開発をけん引する第一人者の方にご登壇いただき、SDNによるビジネス展開や今後の技術開発の潮流をご講演いただき、SDNがSociety 5.0に向けてどのように活用されていくのかを論じたい。

(座長-総合司会)
東京大学  名誉教授  齊 藤 忠 夫

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)
「インターネットからクラウドへの流れとSDN」
●インターネットが通信事業に与えた影響
●インターネットからクラウド・GAFAへ
●SDNの登場

東京大学 名誉教授
齊 藤 忠 夫 氏
「SDNの歴史とSociety 5.0に向けたSDNの展開」
●Stanford大学でのSDN開発で行われたこと
●これまでのSDNの歴史を踏まえた今後の展望
●SDNの導入事例
●Society 5.0に向けたSDNの展開

日本電気株式会社
システムプラットフォーム研究所
主幹研究員
下 西 英 之 氏

日本電気株式会社
デジタルネットワーク事業部
事業部長
尹   秀 薫 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「通信事業者によるSDNを用いた通信サービスの事例」
●SDNの事例:サブスクリプション型サービス「フレッツ・SDx」
●通信事業者の観点からSDNに何を期待するか
●通信事業者の観点からみたこれまでの課題と今後の課題

西日本電信電話株式会社
ビジネスデザイン部 ネットワークサービス部門
ビジネスサービス担当 課長
宮 崎 純 生 氏

(休憩/意見交換/名刺交換)

「通信機器ベンダの観点からみたSDNの技術発展の動向」
●通信機器ベンダにとってSDNとは?
●通信機器ベンダのSDN化への取り組み
●将来のSDN技術によってもたらされる変化

華為技術日本株式会社
法人事業本部 マーケティング&ソリューションセールス部
ソリューションマネージャー
熊 迪 (Xiong Di) 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    【オンライン限定開催】「ローカル5G参入事業者や利用ユーザの取り組みとビジネスプラン」
  • [予定]

    【新型コロナウィルス感染拡大により開催延期】「ソフトウエア・プログラミング言語とエンジニア育成」
  • [予定]

    【新型コロナウィルス感染拡大により開催延期】「MaaSビジネスの最新動向」
  • [予定]

    【新型コロナウィルス感染拡大により開催延期】「ネットワークが導いたDXの成功事例」
一覧へ 一覧へ