ハイテクノロジー推進研究所

  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  1. HOME
  2. 業務のご案内
  3. フォーラム・セミナー業務
  4. 今後の開催予定
  5. PART866

マルチメディア推進フォーラム PART866【オンライン限定】
「5Gによる移動・固定ネットワーク融合の可能性」

メール申込用フォーマット PDFファイル(FAX申込書付き)
開催日2021年9月30日(木) 13時00分~17時00分
場所オンライン限定
受講料53,800円 (消費税込)

趣旨・論点

● FMCの課題
● 3GPPの5WWC標準化
● BBFのWWC標準化
● ネットワーク面から見たWWC
● サービス面から見たWWC

固定通信ネットワークと移動通信ネットワークの融合を意味するFMC(Fixed Mobile Convergence)は通信ネットワークアーキテクチャに関わる長年の課題であり、様々な角度から検討が行われてきたが、現実には融合はそれ程進んでいない。しかし、3GPPとBBF(Broadband Forum)の共同検討の結果、2020年半ばには3GPPリリース16で5WWC(5G Wireless & Wireline Convergence)の仕様が、またBBFでは2020年秋にWWC(Wireline-Wireless Convergence)フェーズ1の仕様が完成した。5WWC/WWCは、光アクセスやDSLなどの固定アクセスネットワークには基本的に手を付けず、また5Gのコアネットワークである5GCへのインパクトも最小化してFMCを実現する、極めて現実的な仕様となっている。世界的には、これらをベースにしたPoCの検討が進むなど、5GCを核とした5Gによる固定アクセスネットワークとの融合の機運が高まってきている。

そこで、5WWC/WWC 標準化のレビューを行うと同時に、現実の5Gによる移動・固定ネットワーク融合の可能性について論ずる。

(座長)
上智大学 理工学部 客員教授 服 部   武

スケジュール

各講演最後に質疑応答を設けてあります。

(基調講演)「モバイルネットワークと固定網の融合」
上智大学 理工学部 客員教授
服 部  武 氏
「WWCの背景、目標と標準化」
●WWC標準化の背景とロードマップ
●WWCの目標とインパクト
●3GPP仕様のWWC対応への取組み
●固定ネットワークのWWC対応
●WWCの今後の課題と標準化の取組み

エリクソン
Distinguished Engineer,
Business Unit Digital Services (WWC Area Director, Broadband Forum)
David Allan 氏

(休憩)

「NTTにおけるWWCに向けた検討」
●IOWNへの取組みと5Gの進化
●WWC標準化と日本での実現の可能性
●IOWNに基づく固定網とモバイルネットワーク融合の課題
●サービス統合の可能性
●NTTとしての今後のWWCに対する取組み

日本電信電話株式会社
研究企画部門IOWN推進室長
川 島 正 久 氏

(休憩)

「ノキアでのWWC標準化への取組みとソリューション」
●ノキアでのWWC標準化への取組み
●WWCのメリットと課題
●企業ネットワークにおけるWWCの可能性
●WWCに向けたソリューション
●WWCの今後の展開と課題

ノキアソリューションズ&ネットワークス
Nokia Standard Architecture management Group,
Senior Specialist Standardization
Laurent Thiebeat 氏

フォーラム・セミナーFORUM・SEMINAR

開催決定
開催予定
  • [予定]

    「存在感を増すパブリッククラウド」
一覧へ 一覧へ